ホーム  >  お知らせ  >  今年度の事業経過報告 他

今年度の事業経過報告 他

1、今年度の事業経過報告

事業方針
「原点回帰 社会に求められる組織の基盤を作る」

活動テーマ「積み重ね」

本年度も上記の事業方針を基に各組織の発展に寄与出来る取組みを進めております。

昨年に引き続き今年度も指導会員の方を対象とした研修会の企画がされています。指導会員、支部長とそれぞれの立場において何が必要なのかを各々が考え、研修会の参加に至っております。

特にリーダーを対象とした研修会で感じられることは、それぞれ研修会に参加した際、活動に対しての気づきや新たな感動を覚え研修会を終えられる方が増えてきているように感じることです。

ただ、研修会で「気づき」を得ることがあってもそれだけで現状が変わることは無く、実際に行動に移して、それらが実践に結びついていくことが大切と考えております。

物事を理解すると人は「出来た」と勘違いしてしまうことがあります。そして、本会でも多くある傾向ですが、「感動した」、「気づきをもてた」ということに満足して終わっているケースが見受けられます。一番大切なのは活動の現場で会員の方々や、後輩指導会員にその気づきを活かしていくことにあります。

企画されている研修会はどんな目的で開催されているかを再度ご確認頂き、「気づき」、「理解」、「感動」を活動の現場で活かしていくことを念頭において活動に臨んでいきましょう。

2、初級講座

今年度、予定されている初級講座(指導会員対象)の日程は下記の通りとなります。

初級講座日程開催場所
10月12日(土)~ 14日(月)福井県鯖江市
11月22日(金)~ 24日(日)福井県敦賀市

参加のお申し込み、その他詳細については所属事務局までお問い合わせ下さい。

3、消費税率改定に伴う軽減税率対象となる教材の会計処理について

10月1日より消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に消費税の軽減税率制度が実施されております。

本会の教材においても同じく、飲食料品がその対象となります。本会の活動では外食やケータリング(食事の提供などをさす)などの販売方法はありませんので、食品表示法に規定する食品(酒類を除く)としての品目で選別して下さい。

教材の品目についての詳細は10月から実施されるマネージメントシステム(指導会員対象で利用可能)の中から確認して下さい。

会員の方は、担当指導会員へお尋ね下さい。

また、納税などにおける個別のご質問などは所管の税務署へご確認下さい。

4、マネージメントシステムについて(指導会員対象)

指導会員の方を対象とするマネージメントシステム(以下、KMS)は10月1日より仮運用をしております。本格的な運用に関しましては、2020年1月1日からとなります。

9月初旬から事務局長、支部長を通じて各指導会員専用のログインID、ログインパスワードをカード形式にて配布しております。配布後はすぐに確認して頂き、ログイン方法、その他システムの使用方法などは所属事務局を通じて確認して下さい。

上記3にてお知らせしました消費税率改定に伴う軽減税率対象となる品目も同システムの中に掲載致します。加えて、KMSから販売管理ソフトを使用して売上伝票を作成する場合は軽減税率に対応した伝票が作成されます。(請求書も同様です)

使用方法など詳細については所属事務局、支部までお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。