ホーム  >  お知らせ  >  平成29年度上期認定試験実施報告 他

平成29年度上期認定試験実施報告 他

1、上期認定試験が実施されました

平成29年度上期認定試験は、6月4日(日)10時より全国一斉に、各事務局指定会場に於いて実施されました。寸暇を惜しみ活動の合間に勉学に励んだ受験者の皆さんの努力の成果を表せる絶好の機会となっています。

この度は、下記2名の方々が見事合格されました。

  • 後藤 祐里(大阪府)
  • 釜本 美穂(兵庫県)

おめでとうございます。努力の積み重ねが見事開花したのです。しかし現状は、多くの人に信頼され立派な指導者を目指すスタートラインに立ったに過ぎないことを忘れないで下さい。

更に研鑽、自らに厳しく色々の経験を積み、知恵を育んでいく事が必要です。

指導者は素晴らしい知識や技術を持っただけで、人に喜ばれ信頼される活動が約束されているわけではありません。経験を積むからこそ智恵が蓄えられます。

これからが大事です。一歩一歩着実に進んでいって下さい。

2、車椅子キャンペーンについて

本会は、発足精神「多くの人々の立場に立ち、少しでも世の中の為にお役にたつことを志とする」に基づき、所属する全会員の参加によっていろいろな福祉事業を行なっています。その事業の一つに車椅子キャンペーンがあり、事業は年間を通して行なわれ、一事務局を単位として一グループ毎に活動評価を行ない、本会の定める一定の基準をクリアすることをもって、事務局に車椅子を一台贈呈されるシステムになっています。

この事業の特徴は「無理なく、無駄なく」全員が参加できていることです。つまり全会員一人一人の奉仕の精神が成し得るもの、一人一人のできることで、一人一人の努力の積み重ねが寄り集まって形を成し、社会奉仕に参加していることになります。

目標達成  福井コスモ事務局
福井コスモ事務局(岩居静枝事務局長)は平成29年6月7日、本会が定める車椅子キャンペーンの基準に達した旨、同日本部事務局へ報告を頂きました。

目標達成  千葉旭事務局
千葉旭事務局(有我豊子事務局長)は平成29年6月23日、本会が定める車椅子キャンペーンの基準に達した旨、6月26日本部事務局へ報告を頂きました。

目標達成  福井事務局
福井事務局(赤星博子事務局長)は平成29年7月8日、本会が定める車椅子キャンペーンの基準に達した旨、7月12日本部事務局へ報告を頂きました。

車椅子寄贈  岐阜藍川事務局
岐阜藍川事務局(進藤康子事務局長)は平成29年3月11日に、社会福祉法人 岐協福祉会 大洞岐協苑(林直康理事長)へ、堤紀子支部長、千田さとみ支部長、進藤由紀支部長、西脇美津子指導会員と共に訪問、寄贈した旨、6月8日に報告がありました。

寄贈の際には施設スタッフの方から車椅子の使用時の状況などをご説明頂きました。『車椅子からベッドに移る際、または乗車する際に、椅子から落下する事故が起きやすいのですが、寄贈頂いた車椅子は機能的に優れているため、これまでのような事故が大幅に減るのではないか』とスタッフの方より喜びのお声も頂きました。(進藤事務局長)

3、本会のこれから

事業方針:「原点回帰 社会に求められる組織の基盤を作る」
年間テーマ:「1人1人の発信力」

本年度は、上記年間テーマを基に40周年記念事業と合わせて、組織の発展に寄与できる取り組みに力を注いでいます。

本会設立40周年が、本会組織運営の大きな転換期と、気持ちを入れ替えて臨まなければならないと考えます。

この転換は、指導会員として申請されている方々の中でも理解を深めなければならないと感じる方も少なくないと思います。

しかし、今後の活動の中ではこれまで以上に「会員の方々の立場に立った、そして会員の方に、社会に、求められる組織」でなければなりません。

本部事務局へお問い合わせ頂く内容からも、指導会員含め組織的な対応・説明が十分でないということが感じられます。

特に会員の方にご活用頂いている教材の説明が十分でなく、本部事務局に教材の内容を問い合わせる会員の方もいらっしゃいます。

各グループで、下記の2点について確認してみて下さい。

  1. 研修会・会議の内容(企画・テーマ)について、活動に活かされるものであるか、
  2. 指導会員の立場・役割を再度確認する(自らの学習のためだけではなく、活動として取り組む。社会貢献を前提とした指導会員の活動が行なわれているか)

組織とは1人1人の集合体です。1人1人の理解と成長があって組織としての発展につながります。各リーダーにおいては指導会員の育成を始めとして、組織の運営方針の理解、教材に対する理解など多岐に亘る理解が必要と考えます。

年間を通して会員の方の活動がより一層充実し、そして各グループが発展していけるよう、組織をあげて取り組んで参りたいと思います。皆様のご理解ご協力をお願い致します。