ホーム  >  お知らせ  >  平成26年度下期認定試験開催日のお知らせ 他

平成26年度上期認定試験開催日のお知らせ 他

1、下期認定試験について

平成26年度下期認定試験が下記の通り実施されます。

本試験は、本会を代表して会活動に臨む指導会員の能力向上と、その能力を評価、認定することを目的として行われる年間の行事です。そこには優秀な指導者の育成と、事務局発展の意義があります。

指導者としての向上を目指し、どなたでも是非挑戦してみてください。

日 時 平成26年12月7日(日) 10時~12時
場 所 全国事務局指定会場
受験料 3千円
資 格 指導会員申請者及び初級講座修了者
持参品 筆記用具・認印
注 意
  • 万一不正が発覚した場合、同会場で受験した全員が失格となります。
  • 時間厳守で行動願います。1分でも遅れた場合は受験できません。
その他 ご不明な点は本部事務局又は所属事務局へお問い合わせ下さい。

2、平成27年度会員更新手続きを開始致します

本会は、会員の合意によって組織の運営が行われています。

本会の会計年度は、当年1月1日に始まり12月31日をもって終了となります。その為、会員はその資格を継続する為に、毎年期限までに更新申請を行うことと会則に定められています。その猶予期間は1ヶ月で1月末日迄となっています。

猶予期間(1月末)を過ぎた場合は、原則として会員資格を失い、会活動を行うことは出来なくなります。

したがって、何らかの理由で申請手続きが遅れると予測されるような場合などは、前もって所属事務局へ連絡を取って下さい。対処致します。

又、例年更新の時期は非常に混み合います。その混雑を緩和する為に、毎年翌年1月受付分を1ヶ月早め、12月1日より受付を開始しています。

すでに更新手続きを準備されている方々も多いのではないかと思います。

しかし、指導会員の様々な事情で、通知が遅れる場合も考えられます。そういった理由で期限に間に合わない、又は手続き方法が理解出来ない様なことがある場合には、遠慮なく所属事務局へお問い合わせ頂き、更新手続きを急いで頂く様お願い申し上げます。

3、車椅子キャンペーンについて

目標達成

若狭事務局(桑田章子事務局長)は平成26年10月20日をもって、本会が定める基準に達した旨、同日本部へ報告を頂きました。

おめでとうございます。

所属会員が絶えることなく奉仕の精神を持ち続け、コツコツ積み上げた努力の結果です。初心に戻り、グループ一丸となって次なる目標に向かって下さい。

寄贈

若狭事務局(桑田章子事務局長)

平成24年9月12日 岐阜県可児市創造文化センター(公益財団法人可児市文化芸術復興財団 佐橋雅喜理事長)へ、山下妙子・山﨑雅子両支部長と共に訪問し寄贈

平成26年1月30日 高砂市役所(登幸人市長)へ、河辺清美支部長、福田ちえ子指導会員と共に訪問し寄贈

「贈呈時には本会の活動主旨、福祉事業活動の主旨についてお伝えして参りました。車椅子は消耗品であることから、施設利用者に喜んで頂けると両施設から感謝の言葉を頂きました。会員皆様の小さな積み重ねのご協力のおかげで、大きな目標を達成することが出来ました。この得られた大きな充実感を励みに若狭事務局一丸となって次なる目標に向かいます。」(桑田章子事務局長)と、感謝状を頂いた旨10月20日、合わせてご報告がありました。