ホーム  >  家庭健康管理研究会について
家庭健康管理研究会

設立の趣旨

活動目的
家庭健康管理研究会は、会員の親睦と資質の向上を図ると共に、全ての国民が健康で、幸福な家庭生活を送る為に、積極的に社会活動を実践します。会員は互いに健康についての正しい知識を学び、一人でも多くの国民に対し、家庭における健康管理と維持に関して必要な知識を伝えます。その「伝える」という啓蒙活動によって、地域社会に貢献します。家庭健康管理研究会が目的とするのは、正にそのことなのです。

今ある健康を維持する為に、また失われた健康を取り戻す為に、「健康に対する正しい知識」を学び、それを家庭生活に取り入れる努力をすることにより、自己管理や健康を取り戻すことが出来たなら、これ程嬉しい事はありません。

家庭健康管理研究会は、国民の健康と幸せの為に、共生と奉仕の精神で昼夜全力を傾け活動を続けて参りました。
その精神はこれからも永久に変わることはありません。
社会の基礎となる「家庭における健康を守る」こと、「世の中のお役に立つ生き方をする」ことに、価値や意味があります。その様な考えから本会は設立し、以後多くの会員の力の結集により、組織は作り、育てられてきました。

家庭健康管理研究会について